細胞培養

Category
RNA精製で注意すべきテクニック -その2-
RNAの調整・精製は、次世代シーケンシング、リアルタイムPCRによる発現定量(RT-qPCR)、ノーザンブロット分析やcRNA合成など、さまざまな実験に必要となる基本的な技術です。 しかしながらRNAの調製のステップは、回収されるRNAのプロファイリングの維持や、RNAの純度、収量など、以後の分析結果に大きな影響を及ぼ...
RNA精製で注意すべきテクニック -その1-
RNAの調整・精製は、次世代シーケンシング、リアルタイムPCRによる発現定量(RT-qPCR)、ノーザンブロット分析やcRNA合成など、さまざまな実験に必要となる基本的な技術です。 しかしながらRNAの調製のステップは、回収されるRNAのプロファイリングの維持や、RNAの純度、収量など、以後の分析結果に大きな影響を及ぼ...
培養細胞におけるsiRNAの導入を最適化するTipsトップ10【前編】
みなさんは培養細胞を扱う中で、トランスフェクションにお困りではないでしょうか? 本記事では、多くの人が利用するトランスフェクションの最適化に役立つ要素10点(今回は1~5の下記5点)について紹介いたします。   以下の推奨事項はすべてsiRNAに関するものですが、miRNAmimic/inhibitorにも適...
培養細胞におけるsiRNAの導入を最適化するTips トップ10【後編】
みなさんは培養細胞を扱う中で、トランスフェクションにお困りではないでしょうか? 本記事では、多くの人が利用するトランスフェクションの最適化に役立つ要素10点(後半の下記5点)について紹介いたします。 ※前編をまだ見ていない方はこちらをご覧ください 以下の推奨事項はすべてsiRNAに関するものですが、miRNAmimic...
guidelines-and-optimizing-for-rna-transfection-title
RNAのトランスフェクションは、RNAを細胞に導入するための古典的なトランスフェクション技術から派生しています。mRNAが細胞に導入されると、コードされているタンパク質が発現され、遺伝子の機能および調節に関する研究が可能となります。siRNAは、遺伝子ノックダウンの効果について調べるためのRNAi研究に使用されます。今...
guidelines-and-optimizing-for-plasmid-dna-transfection-title
古典的なトランスフェクション技術は、当初、プラスミドDNAを細胞に導入するために開発されましたが、プラスミドDNAはトランスフェクションのための最も一般的なベクターとして現在も存在しています。今回は、プラスミドDNAを用いたトランスフェクションについてのガイドラインとパラメータの最適化方法についてご紹介します。
factors-influencing-transfection-efficiency-title
トランスフェクションの成功には多くの要素が影響します。高いトランスフェクション効率を達成するための特定のトランスフェクション条件を最適化することは可能である一方で、使用したトランスフェクション法に関わらず一部の細胞の死滅は避けられないことを心に留めておくことは重要です。今回は、トランスフェクションの効率に影響する8つの...
rnai-non-coding-rna-research-title
RNA干渉(RNAi)は、広範囲な細胞タイプにおけるタンパク質機能を解析するために遺伝子発現をノックダウンする手法で、タンパク質ノックダウン研究、表現型解析、機能回復、パスウェイ解析、in vivoノックダウン、および創薬ターゲット探索のための非常に強力なツールです。RNAiとノンコーディングRNAについてまとめました...
reporter-gene-assays-title
レポーター遺伝子とは、トランスフェクション後の遺伝子産物のアッセイを容易にするための遺伝子で、成功的に導入された細胞の選別や遺伝子発現調節の研究のためのマーカーとして、あるいはトランスフェクション効率の標準化のためのコントロールとして使用されます。今回は、レポーター遺伝子アッセイの概要と種類をご紹介します。
gene-delivery-technologies-title
これまでトランスフェクションにおいて、核酸の細胞膜通過を可能とするために、化学物質や担体分子を用いて核酸をコーティングして中和する化学的手法から、DNAを直接細胞に導入するために膜上に一時的に孔を開ける物理的手法まで、各種様々なアプローチを用いた数多くの技術が開発されてきました。今回はトランスフェクションにおける化学的...