細胞培養

Category
guidelines-and-optimizing-for-rna-transfection-title
RNAのトランスフェクションは、RNAを細胞に導入するための古典的なトランスフェクション技術から派生しています。mRNAが細胞に導入されると、コードされているタンパク質が発現され、遺伝子の機能および調節に関する研究が可能となります。siRNAは、遺伝子ノックダウンの効果について調べるためのRNAi研究に使用されます。今...
guidelines-and-optimizing-for-plasmid-dna-transfection-title
古典的なトランスフェクション技術は、当初、プラスミドDNAを細胞に導入するために開発されましたが、プラスミドDNAはトランスフェクションのための最も一般的なベクターとして現在も存在しています。今回は、プラスミドDNAを用いたトランスフェクションについてのガイドラインとパラメータの最適化方法についてご紹介します。
factors-influencing-transfection-efficiency-title
トランスフェクションの成功には多くの要素が影響します。高いトランスフェクション効率を達成するための特定のトランスフェクション条件を最適化することは可能である一方で、使用したトランスフェクション法に関わらず一部の細胞の死滅は避けられないことを心に留めておくことは重要です。今回は、トランスフェクションの効率に影響する8つの...
rnai-non-coding-rna-research-title
RNA干渉(RNAi)は、広範囲な細胞タイプにおけるタンパク質機能を解析するために遺伝子発現をノックダウンする手法で、タンパク質ノックダウン研究、表現型解析、機能回復、パスウェイ解析、in vivoノックダウン、および創薬ターゲット探索のための非常に強力なツールです。RNAiとノンコーディングRNAについてまとめました...
reporter-gene-assays-title
レポーター遺伝子とは、トランスフェクション後の遺伝子産物のアッセイを容易にするための遺伝子で、成功的に導入された細胞の選別や遺伝子発現調節の研究のためのマーカーとして、あるいはトランスフェクション効率の標準化のためのコントロールとして使用されます。今回は、レポーター遺伝子アッセイの概要と種類をご紹介します。
gene-delivery-technologies-title
これまでトランスフェクションにおいて、核酸の細胞膜通過を可能とするために、化学物質や担体分子を用いて核酸をコーティングして中和する化学的手法から、DNAを直接細胞に導入するために膜上に一時的に孔を開ける物理的手法まで、各種様々なアプローチを用いた数多くの技術が開発されてきました。今回はトランスフェクションにおける化学的...
basic-of-transfection-title
機能解析のためのタンパク質発現や生産、特定の遺伝子機能の阻害など、さまざまな実験で細胞への遺伝子導入が必要です。そのためには、細胞に適したトランスフェクション法の選択が必要です。今回は、トランスフェクションの基礎知識として、トランスフェクションの概要と種類をご紹介します。
freezing-and-thawing-cells-title
不死化細胞培養系の細胞は、遺伝的浮動を起こしやすく、有限寿命細胞系には老化が必ず訪れます。確立した細胞系は貴重な資源であり、再構築には多大な費用と時間がかかるため、細胞系を凍結し、長期保存用に保管しておくことがきわめて重要です。今回は培養細胞の凍結方法と凍結した細胞の融解方法をご紹介します。
subculturing-adherent-and-suspension-cells-title
今回は、接着性および浮遊性の哺乳類培養細胞と昆虫培養細胞の継代方法をまとめましたのでご紹介します!昆虫細胞の植え継ぎ方法は、哺乳類細胞の植え継ぎ方法といくつかの重要な段階が異なっていますので、ご注意ください。
guidelines-for-maintaining-cultured-cells-title
細胞培養における培養条件は、各細胞型によって異なることに注意が必要です。特定の細胞型に必要とされる培養条件から逸脱することは、異常な細胞型の発現から、細胞培養の完全な失敗に至る様々な結果を引き起こす可能性があります。今回は、細胞培養系における培養細胞の通常の継代に関する、知っておくべき基礎知識をご紹介します。