こんなに簡単!マイクロアレイ解析のフリーソフトをダウンロードする方法

こんなに簡単!マイクロアレイ解析のフリーソフトをダウンロードする方法

弊社ではマイクロアレイによる発現解析のためのフリーソフトをご用意しています。これにより、Clariom DClariom S のような最新の発現解析マイクロアレイの解析が誰でも簡単におこなえます。解析ソフトのダウンロードはアレイの購入前でも可能です。今回は弊社が提供している解析用フリーソフトのダウンロードの方法について詳しくみていくことにしましょう。

NetAffxに登録しよう

解析用ソフトウェアをダウンロードするために、まずはNetAffxにログインしてみましょう。NetAffxに登録することで、誰でも簡単にマイクロアレイの解析用フリーソフトがダウンロードできます。

最初に弊社の英語版ホームページを開きます。

Affymetrixホームページ(英語版)

次に、ホームページ右上にある「Register」というボタンを押します。
free-software-for-microarray-fig1
すると以下の様な画面に移ります。規約に同意できる場合は、「I accept」を選択して、Continueボタンを押しましょう。
free-software-for-microarray-fig2
以下のような登録画面が表示されますので、必要事項を記入していきます。
free-software-for-microarray-fig3
パスワードは6-20文字の英数字で、少なくとも1文字の数字を入れるようにしてください。

全ての必要事項が記入できたら、Submitボタンを押します。

以上でNetAffxへの登録は完了です。

解析ソフトをダウンロードしよう

NetAffxへの登録が完了したら、いよいよソフトのダウンロードをしましょう。以下の手順に従って、お手持ちのパソコンに保存してみてください。なお、解析はExpression Console(EC)とTranscriptome Analysis Console (TAC) の2種類のソフトを使用しますので、両方ダウンロードしておきましょう。

パソコンのスペックの確認

解析ソフトをダウンロードする前に、ソフトウェアをインストールするパソコンのスペックをあらかじめ確認しておいてください。

表1 Expression Console(EC)のためのPCスペック
Microsoft Windows® 7 Professional operating system with Service Pack 1
Operating system* 64-bit
Processor 2.83 GHz Intel® Pentium® Quad Core
Memory (RAM) 16 GB
Web browser Internet Explorer® 8.0 and above
Transcriptome Analysis Console (TAC) のためのPCスペック
Microsoft Windows® 7 Professional operating system with Service Pack 1
Operating system* 64-bit
Processor 2.83 GHz Intel® Pentium® Quad Core
Memory (RAM) 8 GB(最低)
16 GB(推奨)
Web browser Internet Explorer® 8.0 and above

Expression Console(EC)のダウンロード方法

はじめにExpression Console(EC)をダウンロードしましょう。

ダウンロードは、こちらのページからおこなうことができます。

Expression Console製品ページ

製品ページから「Download for 64-bit computers」ボタンをクリックしてください。
free-software-for-microarray-fig4
すると下記のような画面が出ますので、さきほど登録したNetAffxの情報を入力します。
free-software-for-microarray-fig5
すると以下の様な画面が表示されますので、「I Accept」を選択してください。各質問に対する答えは空欄のままで構いません。
free-software-for-microarray-fig6
しばらくするとソフトウェアのダウンロードが開始されます。

Transcriptome Analysis Console (TAC) のダウンロード方法

つぎにTranscriptome Analysis Console (TAC) をダウンロードしましょう。

まずTACの製品ページを開きます。

Transcriptome Analysis Consoleの製品ページ

「ダウンロード情報と手順」と書かれた場所に「Download」ボタンがありますので、クリックしてください。
free-software-for-microarray-fig7
これ以降の手順はECのときと同じです。

まとめ

以上で、発現解析ソフトのダウンロードが完了しました。

弊社ではマイクロアレイのデモンストレーション用サンプルデータを多数用意しています。次のページでは実際にサンプルデータをダウンロードして、解析ソフトに取り込んでみましょう。

この記事に関する、ご意見・ご質問がございましたら、下記フォームからご連絡ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

勤務先・所属先

題名

メッセージ本文

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

トレーニング