PCRがかからない!ときに試してみたい3つの反応条件

PCRがかからない!ときに試してみたい3つの反応条件

みなさんが日頃行っているPCR、増えないサンプルにハマってしまうと、実験が前に進まなくて困ってしまいますよね?また、細かく条件検討をし始めるとキリがないです。

そこで今回は、中の人が実際に行っていたPCRの条件をご紹介します。これが増えないPCRをブレイクスルーするきっかけになるかもしれません!

※効果には個人差があります。記載が不正確であったことにより生じたいかなる損害に関しても、中の人は責任を負いかねます。

変性条件を98℃ 10秒にする

GCリッチの鋳型DNAの場合、通常の変性条件では変性されにくい場合があります。そこで、変性の温度条件を94℃ 30秒から98℃ 10秒に変更することでうまくいきました

サイクルを2ステップにする

通常、PCRのサイクルは変性、アニーリング、伸長の3ステップですが、これを、変性、アニーリング&伸長の2ステップにすることで増幅が見られたことがあります。

例えば、3ステップでは、(94℃ 30秒→60℃ 30秒→72℃ 1分/kb)の場合、2ステップでは、(94℃ 30秒→68℃ 1分/kbp)となります。

反応液にDMSOを加える

PCRの反応液を、通常の組成に加え、DMSO (dimethyl sulfoxide)を5%になるように加えると増幅が見られたことがあります。ただ、DMSOにより、PCRの正確性が下がるという話も……。

また、ベタインやグリセロールを添加するのも効果があるらしいです。

どうしても増えない場合は……

条件検討をあきらめて、人工遺伝子合成サービスに投げてしまいましょう!昔に比べて便利な世の中になりましたね!

いかがでしょうか?PCRがうまくいかない場合に参考にしていただければ幸いです。

これだけは知っておきたいPCRの基礎知識、ココにあります!

Invitrogen 分子生物学教室では、分子生物学の教育のメインとして、初心者だけでなく経験のある分子生物学者のために、豊富で信頼できる技術的な内容をご提供しています。基礎知識を学ぶ時にはいつでも、Invitrogen 分子生物学教室を活用してください!
基礎知識を学ぶ

この記事に関する、ご意見・ご質問がございましたら、下記フォームからご連絡ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

勤務先・所属先

題名

メッセージ本文

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

トレーニング
CATEGORY :
TAG :