今さら聞けない!プライマーの濃度を調整する方法

今さら聞けない!プライマーの濃度を調整する方法

弊社のオリゴDNA受託合成サービスにおいて、最も多く寄せられる質問と答えをご紹介します!今回は「プライマーの濃度調整」についての質問です。

質問者さん
プライマーの濃度を実験用に調整したいのですが、どうしたら良いですか??

液体の場合

液体でご注文されている場合には、すでにTEバッファーで調整済みです。ご注文スケールによって異なる濃度で調整済みで、スケールと濃度の関係は、下記のようになっています。

合成スケール (nmole) 液体調整濃度
50 nmole 100 μM
200 nmole 500 μM
1 μmole 2500 μM

乾燥品の場合

乾燥品については添付のカスタムプライマー使用説明書の溶解例をご参照ください。下記の資料は1 mM (1 nmole/μL) と100 μM (100 pmole/μL) への調整方法例です。

how-to-dilute-primer-fig1

図 分析表の見方例

 

ここがPOINT!!

溶解させる溶液はTE [10 mM Tris-HCl (pH 8.0)、1 mM EDTA]をご使用ください。水のpHは多くの場合弱酸性で、合成DNAの加水分解を引き起こす可能性があります。そのため脱イオン水よりもTEに溶解することを推奨します。

これだけは知っておきたいPCRの基礎知識、ココにあります!

Invitrogen 分子生物学教室では、分子生物学の教育のメインとして、初心者だけでなく経験のある分子生物学者のために、豊富で信頼できる技術的な内容をご提供しています。基礎知識を学ぶ時にはいつでも、Invitrogen 分子生物学教室を活用してください!
基礎知識を学ぶ

この記事に関する、ご意見・ご質問がございましたら、下記フォームからご連絡ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

勤務先・所属先

題名

メッセージ本文

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

トレーニング
CATEGORY :
TAG :