タンパク質電気泳動ゲルを乾燥させる時に考慮すべきポイント

タンパク質電気泳動ゲルを乾燥させる時に考慮すべきポイント

セロハンシートに挟まれた乾燥ゲルは、永久保存、フルオログラフィー、オートラジオグラフィー、写真撮影などの用途に理想的です。しかし、この作業中にゲルにひび割れが入り、お困りのことがあると思います。今回は、ゲルを乾燥させる時に考慮すべきポイントをご紹介します。

ゲルを注意深く扱う

ゲルは手を触れずにカセットからはずし、脱染色のステップを止めるために水で3回軽くリンスします。この後、ロータリーシェイカーで10分間振盪し、Gel-Dry Drying Solutionのようなゲル乾燥用溶液と平衡化します。多くのゲル乾燥用溶液には、ゲルを少し縮小させるアルコール成分と、乾燥の度合いを調節し乾燥させ過ぎないようにするグリセロール成分が含まれています。Gel-Dry Drying Solutionには、乾燥度合いを調節しひび割れの発生を抑えるグリセロールではないある成分が含まれています。

この溶液がない場合は、20%メタノール、2%グリセロール溶液をおためしください。どちらの溶液もオートラジオグラフィーやオートラジオグラフィー用シグナル増強溶液にも用いることができます。
注意:アルコールを含んだゲル乾燥用溶液には、ゲルを10分間以上浸さないでください。長く浸すと、アルコールがバンドの脱色に作用することがあります。

泡を取り除く

セロハンとゲルとの間に挟まった泡はひび割れの原因になります。ゲルの上でピペットチップを回しながら泡をゲルの端の方へ押し退けてください。また乾燥用溶液を使用することで泡を除きやすくなります。

ゲルを熱源にさらさないようにする

室温で乾燥させるDryEase Mini-Gel Drying Systemのようなシステムでは、ゆっくりと均等な速度でゲルを乾燥させ、48時間で完全に乾燥させることができます。ドラフトやまたは熱源に近いところにゲルを置くと、ひび割れを生じる可能性が増大します。ゲルにひび割れを生じさせないためにゆっくり乾燥させることをお勧めします。

乾燥ゲルの白い結晶

ゲルの乾燥後に、ゲルのまわりに白い半透明の境界線やゲルの表面に白い結晶が生じていることがあります。これらは湿らしたキムワイプで拭き取ったり、水やゲル乾燥用溶液に浸すことで簡単に取り除くことができます。

タンパク質関連カタログの無料ダウンロード

タンパク質関連の実験を行う上で、困っていることはありませんか?

そんなあなたのために、下記の様な幅広いコンテンツを提供しています。全て無料でダウンロードできますので、ぜひともご活用ください!

※下記無料コンテンツは随時追加予定です!

タンパク質無料カタログをダウンロードする

【京都・北海道のお客様限定】発現解析セミナー「 The RNA Day」【無償】


遺伝子発現解析のコツから最新情報まで、弊社の専門スタッフが分かりやすくご説明する無償セミナ

ー 「The RNA Day」を実施いたします。 2回目となる今回は北海道と京都の2会場での開催です。

ご興味のある方は、以下のバナーをクリックして詳細をご覧ください。
発現解析セミナー The RNA Day ~遺伝子発現解析のコツから最新情報まで~ 無料セミナーの詳細を見る

この記事に関する、ご意見・ご質問がございましたら、下記フォームからご連絡ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

勤務先・所属先

題名

メッセージ本文

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

発現解析セミナー The RNA Day ~遺伝子発現解析のコツから最新情報まで~ 無料セミナーの詳細を見る