イオンクロマトグラフィー

Category
臭素酸分析
平成16年4月1日に施行された水道法の水質基準項目に臭素酸が追加され、イオンクロマトグラフ-ポストカラム分析法(IC-PC法)が採用されました。次いで、平成29年4月にLC-MS/MSが新たに採用されました。IC-PC法は多くの機関で、広く用いられている分析法です。 今回は、IC-PC法を用いた臭素酸分析について、その...
analysis-of-anion-haloacetic-acids-bromate-in-water-using-IC-MS-MS
臭素酸とハロ酢酸類の分析種成分は、陰イオン交換体を充填したカラムで一斉に分離できることは周知ですが、水質基準値の1/10を定量下限値とした場合に、電気伝導度検出器では限界があり分析できないものも事実としてあります。しかし質量分析計を検出器として使用することで、水質基準値の1/10も検出できるようになり、電気伝導度検出器...
一歩先行くイオン分析!イオンクロマトグラフ-質量分析計(IC-MS)によるイオン分析の基礎
イオンクロマトグラフィー(IC)は、液体クロマトグラフ(LC)の一種で主に溶液中のイオン性成分の定性・定量を行う分析手法です。サプレッサーが装備されているICシステムは、装置の変更をすることなく質量分析計との接続が容易に行なえます。今回は、イオンクロマトグラフィー-質量分析計(IC-MS)によるイオン種成分の分析につ...
ion-analysis-in-solvent-title
Thermo Scientific™ Dionex™ IonPac™シリーズは有機溶媒耐性が高いカラムなので、有機溶媒中のイオン分析をする場合、試料をそのまま注入できます(直接注入法)。しかし、有機溶媒の濃度によってはベースラインの隆起が起こり、これを軽減できる分析方法として濃縮カラムを用いたマトリクス除去法があります...
preprocessing-of-ion-chromatography-title
イオンクロマトグラフィー(IC)は水溶液試料中に含まれるイオン成分を測定します。試料が固体や気体の場合、まず試料を水溶液化する処理が必要です。今回は、イオンクロマトグラフィーにおける前処理の方法、注意点などについてご紹介します。
ion-chromatography-basic-title
イオンクロマトグラフィーは、液体クロマトグラフの一種であるイオンクロマトグラフを用いて、主に溶液中のイオン性成分の定性・定量を行う分析手法です。今回は、これまでイオンクロマトグラフィーに全く接する機会がなかった方にもわかりやすく、イオンクロマトグラフィーの基礎をご紹介します。