マイクロアレイ

Category
CNVS-eyecatch
コピー数多型(CNVs)はさまざまな遺伝性疾患に関連することから、 基礎研究から臨床研究まで広く注目されています。 今回は、コピー数多型の概要と、臨床研究でのニーズ、 さらには便利なソリューションについてご紹介します。 ▼こんな方にオススメです! ■コピー数多型に興味がある方 ■遺伝子疾患分野の研究を行っている、または...
free-software-for-microarray-title
前回の記事では弊社の提供するフリーのソフトを使って、選択的スプライシングを解析する方法について紹介しました。今回は前回に引き続いて、解析ソフトTACを使って選択的スプライシング解析をする方法について詳しく見ていくことにしましょう。
free-software-for-microarray-title
弊社では発現用のマイクロアレイとして様々な製品をご用意していますが、中でも次世代型マイクロアレイのClariom Dは圧倒的なプローブ数で転写領域全体をカバーし、トランスクリプトーム解析に絶大な威力を発揮します。今回は、弊社のフリー解析ソフトを用いてClariom Dによるデータ解析の方法をご紹介したいと思います。
free-software-for-microarray-title
弊社が提供するフリーのソフトを使うことで、マイクロアレイによる遺伝子発現データをどなたでも自由に解析できます。これまでに、フリーソフトのダウンロード、マイクロアレイのサンプルデータ取得、CHPファイルの作成、そしてTACソフトによる解析の実行をみてきました。今回は、前回作成した解析実行データの見方についてご紹介します。
free-software-for-microarray-title
前回は弊社のホームページにある発現解析マイクロアレイのサンプルデータをダウンロードし、ECと呼ばれるソフトウェアによって解析用ファイルを作成する手順をご紹介しました。今回はTACによるマイクロアレイデータの解析準備として、CHPファイルをTranscriptome Analysis Console (TAC) と呼ばれ...
free-software-for-microarray-title
弊社が提供するフリーのソフトウェアにより、どなたでも自由に弊社マイクロアレイのデータを取り扱うことができるようになります。今回は次世代型発現解析マイクロアレイClariom D のデータを用いて、実験に問題がなかったかどうかの確認作業、いわゆるQC (Quality Check) の方法をご紹介します。
free-software-for-microarray-title
サーモフィッシャーサイエンティフィックではマイクロアレイによる遺伝子発現データを解析するためのソフトをフリーで提供しています。今回は弊社が用意しているサンプルデータをダウンロードし、実際に解析ソフトに取り込ませる方法についてみていきましょう。