タンパク質検出

Category
antibody-storage-and-stability-title
ウェスタンブロッティングやフローサイトメトリー、ELISA、免疫沈降法など、抗体はさまざまな免疫測定法で利用されています。今回はそんな抗体を使用する上で、知っておくべき保存方法や安定性についてまとめましたのでご紹介します。
enhancing-western-blot-signals-title
SDSゲルからのタンパク質の電気ブロッティングを最適化するためには数多くのパラメータを考慮する必要があります。目標はゲルからすべてのタンパク質を転写させ、転写膜に定量的に転写させることです。今回は、ウェスタンブロッティングにおける転写の最適化方法をご紹介します。
running-condition-for-electrophoresis
タンパク質電気泳動に適しているのは定電流?それとも定電圧?今回は、タンパク質電気泳動のアプリケーションごとに適した電力の設定についてご紹介します。
how-to-dry-protein-gel
セロハンシートに挟まれた乾燥ゲルは、永久保存、フルオログラフィー、オートラジオグラフィー、写真撮影などの用途に理想的です。しかし、この作業中にゲルにひび割れが入り、お困りのことがあると思います。今回は、ゲルを乾燥させる時に考慮すべきポイントをご紹介します。
enhancing-western-blot-signals-title
ウェスタンブロッティングで目的のバンドを検出するためには、種々のマテリアルについて条件検討が必要ですが、非特異的な相互作用により、過剰なバックグラウンドが生じることがあります。今回は、化学発光HRP基質を用いたウェスタンブロッティングで非特異的な相互作用によりバックグラウンドが生じてしまったときに、ドットブロットによっ...
enhancing-western-blot-signals-title
免疫沈降(IP)後のウェスタンブロットにおいて、目的タンパク質とIP抗体の移動度が近い場合やIP抗体の検出強度が高く目的バンドがマスクされてしまう場合には、目的タンパク質の検出を確認することが困難になります。今回は、こんなときにオススメの弊社製品をご紹介します。
enhancing-western-blot-signals-title
もう少しタンパク質が多ければ、もう少し抗体の反応性が高ければ(量があれば)、ウェスタン検出が改善できる!そんなときに有用な簡単にウェスタンブロットの検出シグナルを増強する方法をご紹介します。
antibodies
弊社のクロスリンカー製品は抗体の酵素標識や固定化などで長年にわたり使用されてきました。近年では質量分析計と免疫(共)沈降にクロスリンカーを組み合わせたCrosslinked Co-IP MSなども開発されています。今回は、タンパク質相互作用解析におけるクロスリンカーの用途についてご紹介します。
westernblotting-faq-title
ウェスタンブロッティングに失敗した!あるいはターゲットの検出がうまくいかず、ブロッキングや抗体の希釈率を検討したい場合に便利な技術がストリッピングです。今回は、ウェスタンブロッティングにおけるストリッピングについてご紹介します。
calculate-dye-protein-molar-ratios-title
蛍光標識率はタンパク質1分子あたりに結合している蛍光物質の平均分子数(F/P比)で、蛍光標識後のタンパク質と蛍光物質の濃度から決定します。今回は、蛍光検出を再現よく行うために重要な蛍光標識率の算出方法についてご紹介します。