網羅的解析にはこれ! TaqMan® Array Card|今こそ本気で徹底理解! リアルタイムPCR講座 第21回

網羅的解析にはこれ! TaqMan® Array Card|今こそ本気で徹底理解! リアルタイムPCR講座 第21回

今回はユニバーサルなPCR条件の利点をフルに生かした384ウェルフォーマットのカスタムアレイ、「TaqMan® Array Card」をご紹介します。

TaqMan® Array Cardとは?

TaqMan® Array Cardは、ヒト、マウス、ラットで4万種類を超えるTaqMan® Gene Expression Assays, Inventoriedから目的のアッセイを選択し、フォーマットに従ってカードを作成できるツールです。最大で380もの遺伝子を1枚のプレート上で網羅的に定量することが可能で、TaqMan®ケミストリを採用することで、信頼できる高い定量性も担保されています。

これまでの遺伝子発現解析では、網羅性か定量性、そのどちらかを犠牲にせざるを得ませんでした。リアルタイムPCRの技術を応用し、相反する二つのニーズを満たした画期的な方法、それがTaqMan® Cardなのです。TaqMan® Cardを使用した文献が続々と報告されています。

TS白神
TaqMan® Array Cardは、現在利用できるテクノロジーの中では、最も高精度な定量性を有するカスタムアレイといえるでしょう。”Time-to-Results”、すなわち研究成果を得るまでに要する時間をいかに短縮するか。最近はリアルタイムPCRの反応時間を短縮することが注目され、各社からさまざまな機械や試薬が販売されています。しかしそれらの製品を手っ取り早く用いれば実験結果を短縮できるとは限りません。遺伝子発現解析研究にとって、真のスピードアップに必要なことは何か、これまでの回で解説しました。ご紹介した便利なツールを利用いただくことで、これまで実験に要していた時間をデータの考察や他の実験にお使いいただけたら幸いです。

まさに、進化し続けるリアルタイムPCR ですね。次回もお楽しみに!

参考文献

様々な論文でTaqMan® Cardによる実験結果が報告されていますので、ご参考までに例を紹介します。

リアルタイムPCRハンドブック 無料ダウンロード

このハンドブックでは、リアルタイムPCRの理論や実験デザインの設計など、リアルタイムPCRの基礎知識が掲載されています。リアルタイムPCRを始めたばかりの方やこれから実験を考えている方にうってつけのハンドブックです。PDFファイルのダウンロードをご希望の方は、下記ボタンよりお申し込みください。
ダウンロードする

この記事に関する、ご意見・ご質問がございましたら、下記フォームからご連絡ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

勤務先・所属先

題名

メッセージ本文

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

トレーニング