リアルタイムPCR装置、どう選ぶ?|今こそ本気で徹底理解! リアルタイムPCR講座 第22回

リアルタイムPCR装置、どう選ぶ?|今こそ本気で徹底理解! リアルタイムPCR講座 第22回

数多くのリアルタイムPCR装置が販売されていますが、皆さんはどのように選んでいますか?今回は、リアルタイムPCR装置についてお伝えします。

史上初のリアルタイムPCR装置であるABI PRISM® 7700シーケンスディテクションシステムは、1995年に旧アプライドバイオシステムズ社(現サーモフィッシャーサイエンティフィック社)が開発しました。今でも多くの研究者の皆さまにご愛用いただいているので、ご存知の方もいるかもしれません。

この7700システムは、PCRの業界標準となっているサーマルサイクラーGene Amp® PCRシステム9600に、光学検出系を搭載した装置です。この装置とその改良した装置は、遺伝子を発現レベルで正確に測定できるようにして、遺伝子解析に革命をもたらしました。現在、各社から販売されているさまざまなリアルタイムPCR装置も、この技術を基盤にしています。

qpcr-basic22-fig

図 ABI PRISM® 7700シーケンスディテクションシステム (左) と サーマルサイクラーGene Amp® PCRシステム9600 (右)

TS白神
サーマルサイクラーと光学系の組み合わせ、一見単純に見えますが、正確な定量性を得るのは実はそうたやすいことではありません。PCRでは、たった1コピーの遺伝子が40サイクルのPCR反応の結果、1兆コピーにも増幅されるからです。実は、弊社のリアルタイムPCR装置は、ごく微量の遺伝子でも定量できます。

では、弊社のリアルタイムPCR装置では、どのようにこの精度を保っているのでしょうか?次回詳しくお伝えします!

リアルタイムPCRハンドブック 無料ダウンロード

このハンドブックでは、リアルタイムPCRの理論や実験デザインの設計など、リアルタイムPCRの基礎知識が掲載されています。リアルタイムPCRを始めたばかりの方やこれから実験を考えている方にうってつけのハンドブックです。PDFファイルのダウンロードをご希望の方は、下記ボタンよりお申し込みください。
ダウンロードする

この記事に関する、ご意見・ご質問がございましたら、下記フォームからご連絡ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

勤務先・所属先

題名

メッセージ本文

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

トレーニング