ROXはピペッティング誤差を補正する縁の下の力持ち|今こそ本気で徹底理解! リアルタイムPCR講座 第25回

ROXはピペッティング誤差を補正する縁の下の力持ち|今こそ本気で徹底理解! リアルタイムPCR講座 第25回

今回も引き続きリアルタイムPCR装置の高精度の秘密をお伝えします。みなさん、マイクロピペットの校正はされていますか?ピペッティングが正確だったとしても、PCRプレートやチューブ、キャップやシールの厚さや光の透過度の誤差を考えたことはありますか?リアルタイムPCR装置の蛍光の検出感度が高ければ高いほど、こうした誤差の影響が実験データに反映されやすくなりますよね。

そこで、弊社のリアルタイムPCR装置は、それらの誤差を補正する機能が備わっています。その鍵をにぎるのがROX™ Dyeです。

TS白神
弊社のリアルタイムPCR装置は、ROX™ Dye の値を用いて、これらのネガティブな要素の影響を極力少なくする工夫をしています。「この機器は、1ウェルずつ励起、検出するのでウェル間の誤差が生じないため、ROX™ Dye 補正は必要ありません。」という話を耳にすることがありますが、さて、この考え方は正しいのでしょうか。分光光度計で測定する状況を考えて見ましょう。キュベットにサンプルを入れたときに吸光度の値は変動し続けませんか?そのため通常は数回測定して、その平均値を測定されていると思います。光源と検出部が一つしかない分光光度計であっても、瞬間での測定値には誤差が発生するわけです。

弊社のリアルタイムPCR装置は、前回お伝えしたマルチコンポーネントシステムと今回お伝えしたROXによって蛍光シグナル補正を行い、高精度な測定結果を出せるというわけですね。では次回はこれらがどのくらいの威力を発揮するのか、実際のデータに基づいて見て行きましょう!

リアルタイムPCRハンドブック 無料ダウンロード

このハンドブックでは、リアルタイムPCRの理論や実験デザインの設計など、リアルタイムPCRの基礎知識が掲載されています。リアルタイムPCRを始めたばかりの方やこれから実験を考えている方にうってつけのハンドブックです。PDFファイルのダウンロードをご希望の方は、下記ボタンよりお申し込みください。
ダウンロードする

この記事に関する、ご意見・ご質問がございましたら、下記フォームからご連絡ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

勤務先・所属先

題名

メッセージ本文

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

トレーニング