増幅曲線でかくにん!リアルタイムPCR装置の測定精度|今こそ本気で徹底理解! リアルタイムPCR講座 第26回

増幅曲線でかくにん!リアルタイムPCR装置の測定精度|今こそ本気で徹底理解! リアルタイムPCR講座 第26回

前回まで、高精度な測定結果を出す弊社のリアルタイムPCR装置の秘密をお伝えしてきましたが、今回はその実際のデータを見て行きます!

まずは下記の図を見てください。弊社ラボにある7500システムを用いて(SYBR® Green I、25 μlの反応系)96wellの均一性を検証した結果です。

qpcr-basic26-fig

図 96ウェルの均一性をSYBR Green Iで確認

一見1本の増幅曲線に見えますが、実はなんと96本の曲線です。Ctの最大値と最小値の間は0.32サイクルしかありません。いかにウェル間のばらつきが小さいかが、この図から分かりますね!

TS白神
Ctの最大値と最小値の差、つまり曲線群の幅は、正確な測定をするために気をつけたい値です。例えば、ある測定装置でこの差が0.88サイクルだったとします。増幅効率が100%とすると、0.88サイクルの差は20.88=1.84倍の差になります。つまり、同一コピー数の定量結果が、1.8倍の誤差を含んでいるということになるのです。

なるほど!機器カタログ等で増幅曲線を見ることで、性能の参考にすることができますね。
TS白神
ただし反復を設定していない増幅曲線は、ウェル間のばらつきを判断できないので注意が必要です。また、希釈系列の増幅曲線が掲載されている場合は、希釈率とCtの間が正しい関係にあるかどうか確認してください。例えば10倍希釈であれば、各増幅曲線の間隔は均一であり、理論的にはその間隔は約3.3サイクルになるはずです。

リアルタイムPCR装置の性能を見るには、増幅曲線が参考になるということですね。さて、次回も引き続き、実際のデータからリアルタイムPCR装置の性能を探っていきます!

リアルタイムPCRハンドブック 無料ダウンロード

このハンドブックでは、リアルタイムPCRの理論や実験デザインの設計など、リアルタイムPCRの基礎知識が掲載されています。リアルタイムPCRを始めたばかりの方やこれから実験を考えている方にうってつけのハンドブックです。PDFファイルのダウンロードをご希望の方は、下記ボタンよりお申し込みください。
ダウンロードする

この記事に関する、ご意見・ご質問がございましたら、下記フォームからご連絡ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

勤務先・所属先

題名

メッセージ本文

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

トレーニング