SNPタイピングと遺伝子発現解析の深い関係 | 今こそ本気で徹底理解! リアルタイムPCR講座 第33回

SNPタイピングと遺伝子発現解析の深い関係 | 今こそ本気で徹底理解! リアルタイムPCR講座 第33回

これまで、リアルタイムPCRシステムを活用して、目的遺伝子の発現調整領域やタンパク質をコードしている領域のSNPをスクリーニングする「SNPタイピング」についてご紹介してきました。SNPタイピングと遺伝子発現解析は、一見関係がないように見えますが、実は重要な関係があるのです。

TS白神
薬物代謝遺伝子などの遺伝子の発現量は、それらを調整する遺伝子の制御領域のSNPの影響を大きく受けます。これらについての研究では、これまではノーザンブロッティングで遺伝子発現を調べていましたが、リアルタイムPCRシステムを活用すると「正確な遺伝子発現比較」と「SNPタイピング」を組み合わせたアプローチが可能です。

すでに遺伝子発現解析にリアルタイムPCRを使っている場合は、サンプルとアッセイ試薬があれば、すぐにSNPタイピングを始められますよ。ぜひこの機会にリアルタイムPCRシステムを使ったSNPタイピングを始めてみてはいかがでしょうか?

リアルタイムPCRハンドブック 無料ダウンロード

このハンドブックでは、リアルタイムPCRの理論や実験デザインの設計など、リアルタイムPCRの基礎知識が掲載されています。リアルタイムPCRを始めたばかりの方やこれから実験を考えている方にうってつけのハンドブックです。PDFファイルのダウンロードをご希望の方は、下記ボタンよりお申し込みください。
ダウンロードする

この記事に関する、ご意見・ご質問がございましたら、下記フォームからご連絡ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

勤務先・所属先

題名

メッセージ本文

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

トレーニング