ピペッティング

Tagged
pipetting-guide-title
普段、お客様からいただくフィンピペットについてのご質問について、考えられる原因とその解決方法をまとめました。フィンピペットでお困りの際はぜひ参考にしてください!
pipetting-guide-title
ピペットのキャリブレーションとは、設定(表示)容量と実際の分注容量との差を検定し、実際の分注量が規格に適合するようにピペットを調節することです。Finnpipetteはユーザーサイドで簡単に再検定と調整が行えるように設計されています。今回は、ピペットのキャリブレーション方法とその計算式についてご紹介します。
pipetting-guide-title
ピペットが汚れてしまったときの汚染除去の必要性はピペットの使い方や溶液の種類によって異なります。今回は、よく使われるサンプルについて、一般的な取扱方法と洗浄方法についてまとめました。
pipetting-guide-title
ピペッティングは首、肩、上腕の筋肉や骨格に負荷がかかり、反復性ストレス損傷の原因となることがあります。このような傷害のリスクを最小限にするための人間工学から考えるストレスフリーなピペッティング方法と実験に適したピペットをご紹介します。
pipetting-guide-title
ピペッティングは、精密度と正確度の両方で誤差のないことが重要です。ピペットのスペックにはいくつかのファクタが影響します。これらは、ピペットの性能を評価する上で主要な定量パラメータです。今回はピペッティングの正確度と精密度に影響するファクタをご紹介します。
pipetting-guide-title
実験内容に応じてさまざまなピペッティング作業を日々使い分けることの多いラボでは、用途に応じたピペットチップを選ばなければなりません。今回は、ピペットチップとその特徴をご紹介します。
pipetting-guide-title
リキッドハンドリングを精度よく行うためには、正しいピペッティング操作が重要です。不適切な取扱いはピペットの不具合や故障の原因となることもあります。今回は、正しいピペッティング操作とテクニックをご紹介します。
pipetting-guide-title
微量の液体サンプルを正確に分注することは、研究や試験の基本中の基本です。今回は、粘度の高い液体や揮発性の液体など、サンプルの形状に適したピペッティング方法をご紹介します!