リアルタイムPCR

Tagged
【リアルタイムPCRユーザー必見】プライマーダイマーを減らすPowerUp™SYBRアッセイとは?
リアルタイムPCRの解離曲線でみられる問題点 みなさんは、リアルタイムPCR (qPCR )の解離曲線(融解曲線)において、複数のピークを目にしたことがあるでしょうか? 下図は、従来のSYBRベースのアッセイによって得られた解離曲線データです。 ご覧のとおり、ターゲットの86.7℃のメインピークのほかに複数のピークが確...
これでもう失敗しない!リアルタイムPCRに失敗する4つの問題点と解決策をご紹介
理想的なリアルタイムPCR解析を実行するには、最適化によって反応のすべてのパラメータをきめ細かく調整し、正確な結果が確実に得られるようにすることが必要です。新しい遺伝子の研究を始める場合、または解析のパラメータを変更する場合には常に、必要なすべての反応調整を含む解析の検証を行う必要があります。今回は、リアルタイムPCR...
qpcr-basic48-title
リアルタイムPCRにおける適正な定量法は実験の目的によって異なります。絶対定量法によって、ターゲットの実際のコピー数が決定されますが、絶対定量法は最も煩雑で困難な定量方法です。比較定量法においても綿密な実験計画が必要ですが、得られるデータは正確なコピー数ではなくサンプル間の相対値になります。比較定量法には、ΔΔCt法と...
qpcr-basic45-title
試料の量の標準化、RNAまたはDNAの量の標準化、コントロール遺伝子での標準化など、リアルタイムPCRの各段階において、それぞれ個別の標準化法が存在しますが、効果はそれぞれ異なります。今回は、リアルタイムPCRにおけるさまざまな標準化法についてご紹介します。
qpcr-basic44-title
リアルタイムPCRの逆転写反応における逆転写酵素やプライマーはどのように選べば良いでしょうか?今回は、1-Step qRT-PCRと2-Step qRT-PCRの利点と欠点や、プライマーの選択など、リアルタイムPCRの逆転写反応において気をつけるべきポイントをご紹介します。
qpcr-basic43-title
リアルタイムPCRに用いる核酸の精製を行う前に、サンプルの種類および適切な精製方法の選択について考察することが必要です。DNAおよびRNA分離法により、簡便性や、有機溶媒の必要の有無、および回収した核酸の純度が異なります。今回は、リアルタイムPCRに用いる核酸の精製および定量方法についてご紹介します。
qpcr-basic42-title
反応効率はリアルタイムPCRデータの精度にとって最も重要です。サーマルサイクルが進むにつれて、反応効率の変動は大きくなります。このため、100%の増幅効率から外れることは、誤ったデータにつながる可能性があります。今回は、リアルタイムPCRにおけるアンプリコンとプライマーのデザインについて気をつけるべき事柄をご紹介します...