免疫沈降

Tagged
enhancing-western-blot-signals-title
免疫沈降(IP)後のウェスタンブロットにおいて、目的タンパク質とIP抗体の移動度が近い場合やIP抗体の検出強度が高く目的バンドがマスクされてしまう場合には、目的タンパク質の検出を確認することが困難になります。今回は、こんなときにオススメの弊社製品をご紹介します。
westernblotting-faq-title
免疫沈降や共免疫沈降は、担体に固定した抗体により、特定のタンパク質またはタンパク質-タンパク質複合体を濃縮・精製する手法です。タンパク質の発現や翻訳後修飾、タンパク質-タンパク質間の相互作用を検出するプロテオミクスのワークフローで利用されています。今回は、免疫沈降や共免疫沈降に影響する要因と最適化についてご紹介します。