細胞培養

Tagged
freezing-and-thawing-cells-title
不死化細胞培養系の細胞は、遺伝的浮動を起こしやすく、有限寿命細胞系には老化が必ず訪れます。確立した細胞系は貴重な資源であり、再構築には多大な費用と時間がかかるため、細胞系を凍結し、長期保存用に保管しておくことがきわめて重要です。今回は培養細胞の凍結方法と凍結した細胞の融解方法をご紹介します。
guidelines-for-maintaining-cultured-cells-title
細胞培養における培養条件は、各細胞型によって異なることに注意が必要です。特定の細胞型に必要とされる培養条件から逸脱することは、異常な細胞型の発現から、細胞培養の完全な失敗に至る様々な結果を引き起こす可能性があります。今回は、細胞培養系における培養細胞の通常の継代に関する、知っておくべき基礎知識をご紹介します。
cell-morphology-basic-title
培養物中の細胞の形態(すなわち、細胞の形および外観)を定期的に観察することは、細胞培養実験の成功に不可欠です。目視または顕微鏡によって細胞を検査することにより、汚染を早期に発見し、実験室周辺の他の細胞培養系に汚染が拡散するのを防ぐことができます。今回は、哺乳類細胞と昆虫細胞のいくつかをピックアップし、その形態をご紹介し...
cell-culture-environment-title
細胞培養の大きな利点の一つは、細胞が増殖する環境の内、物理化学的環境(例: 温度、pH、浸透圧、酸素分圧および二酸化炭素分圧)および生理学的環境(例: ホルモンおよび栄養素の濃度)を調節できることです。今回は培地の組成やpH、温度など細胞培養における培養環境についてご紹介します。
cell-culture-contamination-title
培養細胞の汚染(コンタミネーション)は、細胞培養実験室において生じる問題の中では、間違いなく最も一般的な問題であり、時には非常に深刻な結果を引き起こします。今回は、主なタイプの生物学的汚染に関する概要をご紹介します。
basic-of-aseptic-technique-title
無菌操作は、環境中の微生物と滅菌された細胞培養系との間に障壁を構築するための操作であり、無菌作業領域、個人衛生、無菌培地および試薬、および無菌作業といった要素から成り立っています。今回は細胞培養実験で知っておくべき無菌操作の基礎知識をご紹介します。