細胞培養用ディッシュとフラスコに関する有益な数値まとめ

細胞培養用ディッシュとフラスコに関する有益な数値まとめ

細胞培養に使用されるシャーレおよびフラスコにはさまざまなサイズがあります。今回は、さまざまのサイズの培養容器について表面積や解離溶液の液量など、細胞培養に有益な数値をまとめてみましたので、ぜひ実験の際に参考にしてみてください!

Surface Area (cm2) Seeding Density Cells at Confluency Versene (ml of 0.05% EDTA) Trypsin (ml of 0.05% tryspin, 0.53 mM EDTA) Growth Medium (ml)
Dishes
 35mm  9  0.3 x 106  1.2 x 106  1  1  2
 60mm  21  0.8 x 106  3.2 x 106  3  2  3
 100mm  55  2.2 x 106  8.8 x 106  5  3  10
 150mm  152  5.0 x 106  20.0 x 106  10  8  20
Culture Plates
 6-well  9  0.3 x 106  1.2 x 106  2  2  3 – 5
 12-well  4  0.1 x 106  0.4 x 106  1  1  1 – 2
 24-well  2  0.05 x 106  0.2 x 106  0.5  0.5  0.5 – 1.0
Flasks
 T-25  25  0.7 x 106  2.8 x 106  3  3  3 – 5
 T-75  75  2.1 x 106  8.4 x 106  5  5  8 – 15
 T-160  162  4.6 x 106  18.4 x 106  10  10  15 – 30

※コンフルエントに達したプレート、シャーレ、フラスコの細胞数は細胞の種類によって異なります。この表ではHeLa細胞を用いた場合の数値を示しています。

この記事に関する、ご意見・ご質問がございましたら、下記フォームからご連絡ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

勤務先・所属先

題名

メッセージ本文

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

トレーニング