がん

Category
LiquidBiopsy
リキッドバイオプシー(Liquid biopsy)とは、身体への負担が少ない低侵襲性の液性検体(血漿や尿など)を利用して主にがん診断に役立つ技術です。 このリキッドバイオプシーサンプルには腫瘍を含むさまざまな組織、細胞からの情報が含まれているため、全身の腫瘍プロファイルを網羅的に俯瞰できます。従来のバイオプシー技術は、...
【いまさら聞けないがんの基礎 9】Ras/Raf/MEK/ERK (MAPK)シグナル伝達経路とは?
マイトジェン活性化プロテインキナーゼ(MAPK)カスケードは、細胞増殖、成長、分化、形質転換およびアポトーシスなどの多種多様な細胞プロセスを制御する複雑なシグナル伝達ネットワークを形成します。MAPK経路のキーメディエーターの調節不全は、腫瘍形成のドライバーとして関与し、がん細胞に以下の能力-マイトジェンシグナルからの...
【いまさら聞けないがんの基礎 8】PI3K/Akt/mTORシグナル伝達経路とは?
ホスファチジルイノシトール3-キナーゼ/プロテインキナーゼB/哺乳類ラパマイシ際、がんゲノム研究では、ヒトがんではこの経路において最も頻繁に変化が生じていることが示されています。ン標的タンパク質(PI3K/Akt/mTOR)経路は、広範な正常細胞機能に必要とされる主要なシグナル伝達ノードです。この経路の変化が腫瘍形成の...
【いまさら聞けないがんの基礎 7】がん増殖シグナルとターゲティング
がん細胞の増殖 遺伝子変異の蓄積は、最終的に細胞周期調節に必要とされるメカニズムを妨げます。正常な状態では、増殖シグナルの産生および伝播ならびに細胞増殖が高度に調節されています。増殖プロセスの厳密な制御は、健全な組織の構造および機能の維持をサポートします。増殖に関連するシグナル伝達経路は、通常、必要になると活性化され、...
【いまさら聞けないがんの基礎 5】Wnt/β-カテニン シグナル伝達経路とは?
Wntタンパク質は、分泌性糖タンパク質のファミリーで、個体発生における多種多様な生物学的プロセスに重要な役割を果たしています。Wntタンパク質は、受容体に結合すると、最終的に細胞運命、増殖および遊走などの細胞プロセスに影響を与える、非常に複雑な連続するシグナル伝達イベントを開始します。Wntシグナル伝達に関連するいくつ...
【いまさら聞けないがんの基礎 4】代表的ながんドライバー遺伝子とは?
がんドライバー遺伝子および炎症 1940年代から1950年代に研究者は、がんの発症には遺伝的背景が関与している可能性があると仮定し始めました*1 。そのような考えは、現代の分子がん研究を立ち上げたパラダイムシフトを代表するものです。1950年代の間は疫学データおよび数学的モデルに依存していましたが、Nordlingらの...
【いまさら聞けないがんの基礎 3】がんと微小環境の関係とは?
19世紀に、炎症イベントとがん進行との関連性に関する最初の知見が報告されました。これらの先の知見をサポートする疫学的、実験的、および臨床的証拠を提供する数多くの報告が劇的に増加してきています。現在、がんの発生におけるリスクファクターとしての慢性炎症の存在に関しては多大な情報が存在しますが、このプロセスを誘導する正確なメ...
【いまさら聞けないがんの基礎 2】がんと慢性炎症の関係とは?
生理的炎症は、感染および組織損傷に対する身体の初期免疫防御の一つです。急性炎症は、身体が身体自身を治癒しようと働く際に生じ、その後、感染や組織損傷が回復するにつれて消失します。反対に、慢性炎症は有害で、がんを含む多くの重篤な疾患に関係します*1,2 。研究者は炎症が高頻度で腫瘍進行に関係することを確認してきましたが、炎...
【いまさら聞けないがんの基礎 1】そもそも”がん”とは?
がん概論 イントロダクション 20世紀の間、科学者はがん増殖を促進する細胞および分子のメカニズムを学びました。過去50年にみられる生物医学的研究の加速で、予測可能な方法で細胞機能を変更することが可能となり、疾患の検出および革新的な研究方法が科学界および医学界に提供され、がんなどの重篤な病状を治療するための新しい方法を見...