【凍結保存の基礎 4】凍結保存の温度について

【凍結保存の基礎 4】凍結保存の温度について

この連載では、凍結保存に関する役立つ情報をお届けします。
普段、何気なく感じていることに対するヒントにもなると思いますので、ぜひお気軽にご覧ください。

凍結保存温度

液体窒素容器を使用する際は、容器のフタが取り除かれた状態で、開口部における温度が-150℃になるように、一定のレベルに液体窒素の量を保たなければなりません【図1】。十分な液体窒素が充填された状態では、容器内は-150℃以下に保たれるため、長期にわたり安定した凍結保存が可能となります。一般的に、多くの細胞では-130℃の気相保存であれば、長期に渡り良好な状態で保存可能であるといわれています。やむを得ずクライオチューブを液体窒素中に浸漬(液相保存)しなければならない場合は、弊社製品のNuncクライオフレックス(カタログNo.343958PK)などを用いてクライオチューブを正しくシーリングします。液相保存時における、クライオチューブの不適切な使用はクライオチューブ内部への液体窒素の侵入を生じ、室温にクライオチューブを取り出す時にチューブの内部気圧が上昇し、液漏れおよび破裂の危険性がありますので、用法を守り正しくご使用ください。

凍結保存の基礎 4

(凍結保存用製品カタログ2016-2017, p5)

 

 

【無料ダウンロード】凍結保存用製品カタログ (2017年4月発刊)

凍結保存に関する無料コンテンツを公開しています!

(内容抜粋)

  • 細胞の凍結&融解の仕方
  • 凍結保護に関する豆知識
  • 2Dコード付チューブ
  • 凍結保存の温度について

凍結保存用製品カタログを無料ダウンロードする

【ハンズオントレーニング絶賛受付中】基礎~先端技術まで実戦形式のトレーニング


弊社の最先端ラボで、実験のエキスパートが基礎から詳細丁寧にサポートします。

これからこれから新たな実験を始める方はもちろん、すでに実験をされていて

お困りの方や、基礎を見直したい方にもおすすめです。

▼例

・リアルタイムPCR
  
・細胞解析実験(細胞培養、蛍光イメージング、フローサイトメトリー ほか)
   
・タンパク質解析実験(ウェスタンブロッティング ほか)

・分子生物学的手法(RNA抽出、ゲノム編集 ほか)

・DNAシーケンス(次世代シーケンス、キャピラリDNAシーケンス)

・マイクロアレイ

上記以外にも多様なトレーニングを用意しております。

定員となり次第受付となりますので、お早めにお申し込みください!

↓↓ご興味のある方は、以下のバナーをクリックして詳細をご覧ください↓↓
TS seminar end of article v1

この記事に関する、ご意見・ご質問がございましたら、下記フォームからご連絡ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

勤務先・所属先

題名

メッセージ本文

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

※送信ボタンを押した後に送信完了画面に切り替わらないことがありますが、送信は完了しておりますのでご安心ください。