【凍結保存の基礎 6】シードロットシステムって知っていますか?

【凍結保存の基礎 6】シードロットシステムって知っていますか?

この連載では、凍結保存に関する役立つ情報をお届けします。
普段、何気なく感じていることに対するヒントにもなると思いますので、ぜひお気軽にご覧ください。

細胞の収集と管理(シードロットシステム)

細胞の凍結保存を行う場合、遺伝子形質を維持するためにも初代培養細胞からの継代回数は最低限に抑えなければなりません。凍結保存された細胞を管理する方法のひとつに、初期に分離された細胞から常に新しいワーキングストックを作りだせるシステムとして『シードロットシステム』が用いられます。

最初の凍結ロットを準備するとき、シードロットとしてある程度の数のロットを作製しておきます。最初のワーキングロットを使い終えたら、シードロットの中から1チューブを取り出し、2番目のワーキングロットを準備します。この手順は最後の1本が残るまで続けることができます。最後の1本は2番目のシードロットを準備するために使用します。このように、2 番目のシードロットは、オリジナルから1~2回の分割回数で作られるようにします。シードロットとして使用されるものに加え、一部の初代培養細胞は、予期せぬ天災や物理的災害によって一度にすべての凍結保存サンプルを失わないように、他の凍結保存サンプルから隔離した場所で保管することを推奨します。バックアップ施設などを利用し、研究所外で凍結保存することが望ましいでしょう。

シードロットシステム

シードロットシステム

(凍結保存用製品カタログ2016-2017, p6)

 

 

 

 

【無料ダウンロード】凍結保存用製品カタログ (2017年4月発刊)

凍結保存に関する無料コンテンツを公開しています!

(内容抜粋)

  • 細胞の凍結&融解の仕方
  • 凍結保護に関する豆知識
  • 2Dコード付チューブ
  • 凍結保存の温度について

凍結保存用製品カタログを無料ダウンロードする

【ハンズオントレーニング絶賛受付中】基礎~先端技術まで実戦形式のトレーニング


弊社の最先端ラボで、実験のエキスパートが基礎から詳細丁寧にサポートします。

これからこれから新たな実験を始める方はもちろん、すでに実験をされていて

お困りの方や、基礎を見直したい方にもおすすめです。

▼例

・リアルタイムPCR
  
・細胞解析実験(細胞培養、蛍光イメージング、フローサイトメトリー ほか)
   
・タンパク質解析実験(ウェスタンブロッティング ほか)

・分子生物学的手法(RNA抽出、ゲノム編集 ほか)

・DNAシーケンス(次世代シーケンス、キャピラリDNAシーケンス)

・マイクロアレイ

上記以外にも多様なトレーニングを用意しております。

定員となり次第受付となりますので、お早めにお申し込みください!

↓↓ご興味のある方は、以下のバナーをクリックして詳細をご覧ください↓↓
TS seminar end of article v1

この記事に関する、ご意見・ご質問がございましたら、下記フォームからご連絡ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

勤務先・所属先

題名

メッセージ本文

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

※送信ボタンを押した後に送信完了画面に切り替わらないことがありますが、送信は完了しておりますのでご安心ください。