凍結保存

Category
凍結保存
この連載では、凍結保存に関する役立つ情報をお届けします。 普段、何気なく感じていることに対するヒントにもなると思いますので、ぜひお気軽にご覧ください。 液体窒素容器での安全な保存 液体窒素の中にクライオチューブを直接浸積することは推奨できません。低温環境下ではあらゆるプラスチックは収縮し脆化するためです。また、クライオ...
凍結保存
この連載では、凍結保存に関する役立つ情報をお届けします。 普段、何気なく感じていることに対するヒントにもなると思いますので、ぜひお気軽にご覧ください。 凍結保護剤 細胞を凍結保存する際に使われる凍結保護剤に絶対的な決まりはありませんが、一般的にジメチルスルホキシド(DMSO)やグリセロールが広く用いられており、細胞や細...
凍結保存
この連載では、凍結保存に関する役立つ情報をお届けします。 普段、何気なく感じていることに対するヒントにもなると思いますので、ぜひお気軽にご覧ください。 凍結保存温度 液体窒素容器を使用する際は、容器のフタが取り除かれた状態で、開口部における温度が-150℃になるように、一定のレベルに液体窒素の量を保たなければなりません...
凍結保存
この連載では、凍結保存に関する役立つ情報をお届けします。 普段、何気なく感じていることに対するヒントにもなると思いますので、ぜひお気軽にご覧ください。 微生物 微生物、特に細菌や酵母は、好気的条件下において嫌気的な細胞に比べて冷却や凍結によるダメージに対して抵抗力を示すのみならず、細胞の浸透性が高く冷却時の脱水も速いこ...
凍結保存
この連載では、凍結保存に関する役立つ情報をお届けします。 普段、何気なく感じていることに対するヒントにもなると思いますので、ぜひお気軽にご覧ください。 細胞の収集と管理(シードロットシステム) 細胞の凍結保存を行う場合、遺伝子形質を維持するためにも初代培養細胞からの継代回数は最低限に抑えなければなりません。凍結保存され...
凍結保存
この連載では、凍結保存に関する役立つ情報をお届けします。 普段、何気なく感じていることに対するヒントにもなると思いますので、ぜひお気軽にご覧ください。 極低温で生体物質を安定化させる工程は凍結保存と称され、低温生物学の実用的なアプリケーション、あるいは低温域における生命現象の研究とも言えます。凍結保存技術の進歩により、...
凍結保存
この連載では、凍結保存に関する役立つ情報をお届けします。 普段、何気なく感じていることに対するヒントにもなると思いますので、ぜひお気軽にご覧ください。 プラスチックかガラスアンプルか 超低温下での凍結保存には、火炎で封をするガラスアンプルやプラスチックチューブが使用されます。 哺乳動物細胞の保存の場合、一般的には1.0...