今さら聞けない!プライマーの濃度を調整する方法

今さら聞けない!プライマーの濃度を調整する方法

弊社のオリゴDNA受託合成サービスにおいて、最も多く寄せられる質問と答えをご紹介します!今回は「プライマーの濃度調整」についての質問です。

質問者さん

プライマーの濃度を実験用に調整したいのですが、どうしたら良いですか??

液体の場合

液体でご注文されている場合には、すでにTEバッファーで調整済みです。ご注文スケールによって異なる濃度で調整済みで、スケールと濃度の関係は、下記のようになっています。

合成スケール (nmole) 液体調整濃度
50 nmole 100 μM
200 nmole 500 μM
1 μmole 2500 μM

乾燥品の場合

乾燥品については添付のカスタムプライマー使用説明書の溶解例をご参照ください。下記の資料は1 mM (1 nmole/μL) と100 μM (100 pmole/μL) への調整方法例です。

how-to-dilute-primer-fig1

図 分析表の見方例

 

ここがPOINT!!

溶解させる溶液はTE [10 mM Tris-HCl (pH 8.0)、1 mM EDTA]をご使用ください。水のpHは多くの場合弱酸性で、合成DNAの加水分解を引き起こす可能性があります。そのため脱イオン水よりもTEに溶解することを推奨します。

これだけは知っておきたいPCRの基礎知識、ココにあります!

Invitrogen 分子生物学教室では、分子生物学の教育のメインとして、初心者だけでなく経験のある分子生物学者のために、豊富で信頼できる技術的な内容をご提供しています。基礎知識を学ぶ時にはいつでも、Invitrogen 分子生物学教室を活用してください!
基礎知識を学ぶ

他にも、PCRの基礎の復習や、より深い知識の獲得を目的とした無料PDFも提供しております!

▼主な内容

お気軽にご利用ください^^

PCRに関する無料PDFをダウンロードする

 

【熊本・名古屋】発現解析セミナー「The RNA DAY」 ご案内 【広島・つくば】


遺伝子発現解析のコツから最新情報まで、弊社の専門スタッフが分かりやすくご説明する無償セミナ

ー 、「The RNA DAY」を、下記の会場で実施いたします。

・熊本  11月29日(木)

・広島  12月4日(火)

・名古屋 12月13日(木)

・つくば 12月19日(木)

↓↓ご興味のある方は、以下のバナーをクリックして詳細をご覧ください↓↓
lab-rnaday2018

この記事に関する、ご意見・ご質問がございましたら、下記フォームからご連絡ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

勤務先・所属先

題名

メッセージ本文

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

※送信ボタンを押した後に送信完了画面に切り替わらないことがありますが、送信は完了しておりますのでご安心ください。

CATEGORY :
TAG :