ニューロン

Category
神経変性疾患研究
1つの神経変性症状を他の明確に異なる症状と識別し分類するための境界線はよく認識されています。認知機能障害および運動機能障害の患者は、高頻度で1つ以上の明確な神経変性疾患の神経学的病状が疑われ、また複数の病態マーカーの存在は神経学的障害の増加と関係します。しかしながら、ケースによっては、病態マーカーで検出された症例に明白...
神経変性疾患研究
アルツハイマー病への取り組み アルツハイマー病(AD)は、記憶および行動における進行性認知機能障害を特徴とします *1,2 。これは認知症の中で最も多くみられる形態で、発病は一般的に孤発性で、非常に多くの環境的および遺伝的リスクファクターが関与しています *3,4。 コリン作動性ニューロンの障害および大脳皮質における神...
神経変性疾患研究
神経変性疾患概論 神経変性とは、細胞の構造および機能の損失をきたしているニューロンを指す一般的用語です *1 。神経変性疾患の最も一般的な例としては、アルツハイマー病(AD)、パーキンソン病(PD)、ハンチントン病、および筋委縮性側索硬化症(ALS)が挙げられます。神経変性疾患(ND)は消耗性疾患で、全世界の罹患者数は...