ウェスタンブロッティング

Tagged
遺伝子改変マウスで生体内における多彩な糖鎖機能を探る(筑波大学医学医療系 工藤崇 氏、筑波大学大学院人間総合科学研究科 布施谷清香 氏)-「NEXT」2018年12月号掲載
糖タンパク質のウェスタンブロッティングはiBright Imaging Systemで感度よく解析 工藤 崇 氏(筑波大学医学医療系解剖学・発生学研究室、生命科学動物資源センター准教授)、布施谷清香 氏(筑波大学大学院人間総合科学研究科生命システム医学専攻博士課程1年) 「 糖鎖および糖タンパク質の生理機能を、生体レベ...
enhancing-western-blot-signals-title
SDSゲルからのタンパク質の電気ブロッティングを最適化するためには数多くのパラメータを考慮する必要があります。目標はゲルからすべてのタンパク質を転写させ、転写膜に定量的に転写させることです。今回は、ウェスタンブロッティングにおける転写の最適化方法をご紹介します。
enhancing-western-blot-signals-title
ウェスタンブロッティングで目的のバンドを検出するためには、種々のマテリアルについて条件検討が必要ですが、非特異的な相互作用により、過剰なバックグラウンドが生じることがあります。今回は、化学発光HRP基質を用いたウェスタンブロッティングで非特異的な相互作用によりバックグラウンドが生じてしまったときに、ドットブロットによっ...
enhancing-western-blot-signals-title
免疫沈降(IP)後のウェスタンブロットにおいて、目的タンパク質とIP抗体の移動度が近い場合やIP抗体の検出強度が高く目的バンドがマスクされてしまう場合には、目的タンパク質の検出を確認することが困難になります。今回は、こんなときにオススメの弊社製品をご紹介します。
chemiluminescent-westernblotting-guide-title
ウェスタンブロッティングは特定のタンパク質を同定するために広く用いられる手法であり、電気泳動で分離されたサンプルをメンブレンに転写して抗原特異的に検出する手法です。今回は、化学発光ウェスタンブロッティングの基本原理と各要因に関してご紹介していきます。