ユーザーボイス

Tagged
活性化B細胞の分化決定機構の解明へ(福井大学医学部 菅井学 氏、南部由希子 氏)-「NEXT」2018年12月号掲載
フローサイトメーターでmRNAとタンパク質を同時測定 菅井学 氏( 福井大学医学部医学科分子遺伝学[生化学1]教授)/ 南部由希子 氏( 福井大学医学部医学科分子遺伝学[生化学1]准教授) 骨髄で産生されたナイーブB細胞は細胞膜表面にIgMを発現していますが、活性化に伴って免疫グロブリン遺伝子の定常部で「クラススイッチ...
デジタルPCRライブラリーを用いた血中変異TP53 の高感度検出法の開発(岩手医科大学医歯薬総合研究所 西塚哲 氏)-「NEXT」2018年12月号掲載
QuantStudio 3DデジタルPCRシステムが高感度測定をサポート 西塚哲 氏( 岩手医科大学 医歯薬総合研究所医療開発研究部門 特任教授・写真右) がん治療後の再発を早期に検知する腫瘍マーカーの探索研究に取り組む、岩手医科大学の西塚哲氏らの研究グループ。「進行がんを手術で切除後、血中を循環する腫瘍由来DNA(c...
遺伝子改変マウスで生体内における多彩な糖鎖機能を探る(筑波大学医学医療系 工藤崇 氏、筑波大学大学院人間総合科学研究科 布施谷清香 氏)-「NEXT」2018年12月号掲載
糖タンパク質のウェスタンブロッティングはiBright Imaging Systemで感度よく解析 工藤 崇 氏(筑波大学医学医療系解剖学・発生学研究室、生命科学動物資源センター准教授)、布施谷清香 氏(筑波大学大学院人間総合科学研究科生命システム医学専攻博士課程1年) 「 糖鎖および糖タンパク質の生理機能を、生体レベ...
Attune
粘性が高いサンプルでもAttune NxT Flow Cytometerで瞬時に解析 倉島洋介 氏( 千葉大学大学院医学研究院イノベーション医学領域准教授・写真左) 免疫細胞の一種であるマスト細胞(肥満細胞)は、アレルギーや炎症を引き起こすことが知られています。50年ほど前、石坂公茂氏によるIgEの発見を契機に、アレル...
患者由来iPS細胞から「膵島」を作製し、糖尿病の病態解明と治療法の開発研究へ
鍵となるスフェロイド培養は幹細胞用StemFlex培地を活用 糖尿病の多くは多因子性ですが、一部には単因子性( 遺伝性)のものがあります。国立国際医療研究センター研究所の矢部茂治氏は、遺伝性糖尿病の一つであるMODY(家族性若年発症糖尿病)患者由来のiPS細胞を作製し、この疾患の病態解明とその研究を基盤にした糖尿病全般...
ABO式血液型遺伝子の発現調節機構を解明する
アレルの配列決定はキャピラリシーケンサSeqStudio Genetic Analyzerで 佐野利恵 氏(群馬大学 医学部法医学 准教授) ABO式血液型は、20世紀初頭に発見されて以降、輸血や犯罪捜査などに活用されています。ABO式血液型は、糖転移酵素をコードするABO 遺伝子によって決定されますが、ABO 遺伝子...
countess ⅡFL
Countess II FL自動セルカウンターで個体数と状態評価を簡便に測定 高橋利幸 氏( 都城工業高等専門学校物質工学科准教授) 藻類の中でもサイズが小さな微細藻類は、光合成を行って水圏生態系に貢献するだけでなく、機能性分子の産生や環境浄化、バイオマスなどへの活用が期待されています。しかし産業応用には、微細藻類の大...
ヒト血漿中のcfDNAを効率的に回収し、信頼性の高いがんゲノムシーケンスへ(山梨県立中央病院ゲノム解析センター 弘津陽介氏)-「NEXT」2018年10月号掲載
磁性ビーズMagMAX cfDNA Preparation キットと自動精製システムKingFisher Duo Primeを活用 弘津陽介 氏(山梨県立中央病院ゲノム解析センター研究員/ゲノム検査科チーフ) がんの病態解析、治療の奏功性、薬剤の選択など、臨床分野におけるがんゲノム解析の重要性が増しています。山梨県立中...
TaqMan MGB
TaqMan AssayによるマルチプレックスリアルタイムPCRで好感度なアッセイ系を構築 伊藤謙治 氏(東京大学医科学研究所システム疾患モデル研究センター先進病態モデル研究分野 特任研究員) 「リプログラミング技術を応用して、エピゲノム制御異常が発がん過程に関与することを明らかにする」との目標を掲げる東京大学医科学研...
Boltbis
プレキャストゲルBoltで病態モデリングを効率的に 藤原慧 氏(京都大学iPS細胞研究所 臨床応用研究部門 櫻井研究室研究員) 京都大学iPS研究所櫻井研究室では難治性筋疾患の治療法や薬剤開発を目指して研究を進めています。これまでに確立した分化誘導法で作製したiPS細胞由来の骨格筋細胞を使えば、in vitroで病態モ...