リアルタイムPCR( 2 )

Tagged
qpcr-basic43-title
リアルタイムPCRに用いる核酸の精製を行う前に、サンプルの種類および適切な精製方法の選択について考察することが必要です。DNAおよびRNA分離法により、簡便性や、有機溶媒の必要の有無、および回収した核酸の純度が異なります。今回は、リアルタイムPCRに用いる核酸の精製および定量方法についてご紹介します。
qpcr-basic42-title
反応効率はリアルタイムPCRデータの精度にとって最も重要です。サーマルサイクルが進むにつれて、反応効率の変動は大きくなります。このため、100%の増幅効率から外れることは、誤ったデータにつながる可能性があります。今回は、リアルタイムPCRにおけるアンプリコンとプライマーのデザインについて気をつけるべき事柄をご紹介します...
qpcr-basic41-title
どのようなリアルタイムPCR装置においても、適性な性能を維持するために、適切な時期に正確な補正を実行することが極めて重要です。補正により、データの完全性および一貫性が長期間にわたり維持されます。今回は補正が必要なリアルタイムPCRにおける光学的変動についてまとめましたのでご紹介します。
qpcr-basic40-title
マルチプレックスPCRは、同一反応における2種類以上の遺伝子配列を増幅し特異的に検出する方法です。リアルタイムPCRマルチプレックスは、定性または定量的結果を得るために使用されます。今回はマルチプレックスリアルタイムPCRの概要と利点についてご紹介します。
qpcr-basic36-title
リアルタイムPCRは、従来のPCR技術のバリエーションの一つであり、一般にサンプル中のDNAまたはRNAの定量に使用されます。PCRサイクル中の各ステージにおいて生成される増幅産物の量を測定することにより、定量できます。今回は、リアルタイムPCRの概要とリアルタイムPCR実験に必要な構成要素をご紹介します。