疾患

Tagged
【いまさら聞けないがんの基礎 3】がんと微小環境の関係とは?
19世紀に、炎症イベントとがん進行との関連性に関する最初の知見が報告されました。これらの先の知見をサポートする疫学的、実験的、および臨床的証拠を提供する数多くの報告が劇的に増加してきています。現在、がんの発生におけるリスクファクターとしての慢性炎症の存在に関しては多大な情報が存在しますが、このプロセスを誘導する正確なメ...
【いまさら聞けないがんの基礎 2】代表的ながんドライバー遺伝子とは?
がんドライバー遺伝子および炎症 1940年代から1950年代に研究者は、がんの発症には遺伝的背景が関与している可能性があると仮定し始めました。*1 そのような考えは、現代の分子がん研究を立ち上げたパラダイムシフトを代表するものです。1950年代の間は疫学データおよび数学的モデルに依存していましたが、Nordlingらの...
【いまさら聞けないがんの基礎 1】がんと慢性炎症の関係とは?
生理的炎症は、感染および組織損傷に対する身体の初期免疫防御の一つです。急性炎症は、身体が身体自身を治癒しようと働く際に生じ、その後、感染や組織損傷が回復するにつれて消失します。反対に、慢性炎症は有害で、がんを含む多くの重篤な疾患に関係します*1,2 。研究者は炎症が高頻度で腫瘍進行に関係することを確認してきましたが、炎...