Qubit

Tagged
NanoDrop & Qubit
解析に欠かせない2種類の核酸定量装置 清水正和 氏、小久保美紀 氏(京都大学附属ゲノム医学センター) 次世代シーケンスの発展に伴い、ヒト全ゲノムを対象にした疾患等の遺伝的素因の解明が進んでいます。京都大学の附属ゲノム医学センターは、多くの共同研究者と共に、難治性疾患事業やながはまコホート事業に取り組んでいます。シーケン...
NanoDrop & Qubit
2種類の光度計で、ハイスループット解析は着実に 荒川和晴氏( 慶應義塾大学先端生命科学研究所) ミドリムシやバクテリア、クマムシなど、様々な生物のオミックス解析(ゲノム、トランスクリプトーム、プロテオーム、メタボローム)から、新しい視点で生物を捉えようとする慶應義塾大学の荒川和晴氏。細胞シミュレーションのための基盤技術...